バスルームの浮かせる収納:山崎実業「tower(タワー)」おすすめ7選!

どんなモノをお探しですか?
  • バスルームの掃除を楽にしたい
  • ボトルの底がヌメるのがイヤ!
  • シャワーヘッドの置き場を変えたい
  • シェーバーの置き場が無い

ひとつでも当てはまったあなたにおすすめしたいアイテムは
山崎実業の「tower(タワー)」シリーズです。

この記事の概要
  • 実際に使っているtowerシリーのアイテムを紹介、レビュー
  • 実際に我が家で設置している写真を公開
  • 我が家では未だ使っていない便利アイテムを紹介

山崎実業のtowerシリーズといえば、LOFT(ロフト)や東急ハンズ、212キッチンストアなど、よくモールに入居しているような雑貨店舗で販売されています。

また、Amazonや楽天市場などECサイトでも売れ筋の商品となっています。

この記事ではそんな人気のtowerシリーズの中でも、お風呂の収納に焦点を当ててご紹介したいと思います。

お風呂をキレイに整理したい方はぜひ最後までお付き合いください。

この商品をオススメする人

✅ 30代後半、1児のサラリーマンパパ
✅ 本業:システムエンジニア(組み込み系開発)15年
✅ 資格:応用情報技術者・情報処理安全確保支援士・家電製品アドバイザー
✅ 趣味:最新家電やガジェット情報の収集、水泳、スノーボード、旅行
✅ 提供商品に関しては基本的に原稿料をいただかずに紹介させていただいています

:X (twitter) | :instagram | :楽天ROOM

目次

メーカーについて

山崎実業株式会社(Yamazaki)は1971(昭和46)年に設立された奈良県生駒郡に本社を置くインテリア雑貨メーカーです。

大正初期、創業者 山崎宏忠氏が訪問販売の事業を開始した歴史のある企業で、創業より70年間、日本のアイロン台を開発し続けています。

現在の山崎実業はおしゃれでありながらシンプルでインテリアに良く馴染み、それでいて実用性の高い商品を企画・製造・販売しています。

もっとも人気の収納グッズ「tower(タワー)」シリーズは雑貨店に入れば必ずといっていいほど展開されているので、見かけた方も多いのでは無いでしょうか。

tower(タワー)シリーズについて

ラインナップ

キッチン、リビング、洗面所、玄関、そしてバスルームまで、家中のありとあらゆるものの収納を解決するため、細かなニーズに応える豊富な商品を取り揃えています。

デザイン

白黒のモノトーンをベースとしたシンプルかつスタリッシュなデザインが特徴的で、どこに配置しても既存のインテイリアに馴染みます。

無駄がなく、コンパクトにまとまったデザインでありながら、実用的で使いやすさが人気のブランドです。

特徴

towerのバスルームアイテムの特徴として、貼り付けがマグネットになっている製品が多く、自分が使いやすい位置に自由に設置することができます。

最近のバスルームの壁は四方がマグネットにくっつくようになっていると思いますが、事前に壁にマグネットがくっつくのかは実験しておきましょう。

山崎実業towerシリーズ
山崎実業towerシリーズ

MIST(ミスト)

MIST(ミスト)は、towerシリーズの中でもバスルームアイテムに特化したブランドとなります。

バスルームアイテムはtowerブランドもMISTブランドも多数販売されていますが、錆びにくい素材を使ったり、半透明なデザインに変えたりと若干異なります。

おすすめアイテムを紹介!我が家でも使用しています。

シャワーフック(tower)

山崎実業towerシリーズのシャワーフック
山崎実業towerシリーズのシャワーフック
山崎実業towerシリーズのシャワーフック

最大のメリットはシャワーヘッドを好きな位置に固定できることです。目をつむっていても、手を伸ばしやすい位置にシャワーヘッドがあるだけで、かなり楽になります。

また、我が家で使用しているミラブルzeroは一般的なものよりも重いと思うのですが、強力な磁力のおかげで、全くズレることもありまえん。

元々、ネジで固定されたシャワーフックは、体を洗う時に向かって正面に設置されているのですが、真横にもこのフックを設置することで、一時置きとして役立っています。

目をつむっていたり、子供と一緒にお風呂に入っていると、シャワーヘッドはできるだけ自分の体の近くに合ったほうが取りやすいと思います。

「ここにシャワーを置けたらいいのにな」が簡単に実現するグッズなので、オススメです。

ちなみに、至極のシャワーヘッド ミラブルzeroについてはこちらの記事を御覧ください。

ディスペンサーホルダー(tower)

山崎実業towerシリーズのディスペンサーホルダー

シャンプーボトルやボディソープのボトルを首根っこで支えて浮かせられるアイテムです。ボトルの底が床につかないため、ヌメりを防ぐことができます。

また、こんな単純な形状ですが、新品の重いボトルを取り付けてもズレたりすることはありません。壁面側全体が強力なマグネットになっていて、ビタっとくっつきます。

ほとんどのボトルがフィットしますが、細すぎるボトル用にスペーサーが付属しているため、「買ってみたけどウチのボトルとサイズが合わず使えなかった」なんてこともありません。

ちなみに、3連で使用できるもの発売されています。

シェーバーホルダー(tower)

山崎実業towerシリーズのシェーバーホルダー
山崎実業towerシリーズのシェーバーホルダー

シェーバーを引っ掛けるための小さなアイテムですが、フックに少し傾斜があるため、シェーバーを雑に置いても簡単に引っかかります。

山崎実業towerシリーズのシェーバーホルダー

シェーバーをお風呂に置きっぱなしにしている方も多いとは思いますが、肌にふれるものなので、なるべく清潔に保ちたいですよね。ラックとかに置いておくと水切れも悪く、刃が錆びる原因にもなります。

このアイテムは刃を浮かせて収納できますし、子供が触らない場所に設置しておけば、怪我をする心配もなくなります。

マグネットの吸着もしっかりしているため、シェーバー以外のものでも、洗顔ネットの紐や、洗体タオルなどを突起部分に引っかけて使う事もできます。

バスルームラック(MIST)

山崎実業のMISTシリーズのラック

底に水がたまらないようスリット状になっているため、ここにモノを置いてもヌメりは出にくくなっています。

我が家では、引っ掛けづらいチューブ形状のトリートメント類や、瓶に入った洗顔料を置くのに使っていますが、シャンプーボトルなど、重いものを置いても、広い面でマグネットが強力に張り付いているため、落ちてくる心配はありません。

小さいフックも付属していて、お風呂用のゴムなど小物を引っ掛けるのに役立ちます。

山崎実業MISTシリーズのラックのフック
山崎実業MISTシリーズのラックのフック

風呂椅子ホルダー(tower)

山崎実業towerシリーズの風呂いすホルダー
山崎実業towerシリーズの風呂いすホルダー
山崎実業towerシリーズの風呂いすホルダー

お風呂の椅子は普段床に置きっぱなしでしょうか。浴室の床掃除のときは置き場所に困ったりしないでしょうか。

床には唯一、風呂椅子が置いてあるというお家も多いのではないかと思うのですが、0と1では掃除効率が全然違います。風呂椅子ホルダーを使えば、床に置くものはスッキリなくなり、掃除もはかどります。

なにより、濡れた床に一晩中置きっぱなしにしなくて良いので衛生面でもメリットがあります。

上下をひっくり返すことで、深さの異なる椅子に合わせて変更できるので、ほとんどの風呂椅子にフィットすると思います。

ソープトレー(tower)

山崎実業towerシリーズのソープトレー
山崎実業towerシリーズのソープトレー

固形石鹸はぜひとも浮かせたいですね。また、取りにくい位置にあると滑って飛んでってしまうのですが、マグネットにより、手に取りやすい場所に設置できます。

風呂蓋スタンド(tower)

山崎実業towerシリーズの風呂蓋スタンド
山崎実業towerシリーズの風呂蓋スタンド

山崎実業さんの手にかかれば、風呂蓋まで浮かせて収納することができます。我が家は板状の風呂蓋を使っているのですが、グルグル丸めるタイプの蓋も対応できます。

山崎実業towerシリーズの風呂蓋スタンド

風呂釜の端に寝かせて置いておいたり、床に立てて置いておくことが多いと思うのですが、それではカビの温床になってしまいます。立たせて浮かせ、さらに隙間を空けておくことで通気性がよくなり乾きやすい状態を保つことができます。

こんな重い物がマグネットで支えられるのか不安でしたが、しっかり持ち上がってますし、取れそうになる気配も有りません。

折りたたみ式の風呂蓋についてはこちらの製品も出ています。本当に山崎実業さんに死角無しですね。

番外編

基本的には自分が実際に使って良かったものをご紹介するのがポリシーなのですが、以下はこれから私が欲しいと思っている商品を番外編として紹介します。

実際に購入したら、また本記事を更新したいと思います。

バスルームスマートフォンスタンド(tower)

マグネットでどこでも引っ付けられるスマホスタンドなのですが、ガベから飛び出しているため、浴槽につかりながらゆっくり動画を見るのに最適だと思います。

最近のスマホは防水タイプも増えてきましたが、それでもお風呂で使用することは想定されていません。できる限り濡らさないようにするために、ずっと手に持っているより、こういったスタンドに立てかけておけたら便利だなと思いました。

タブレット等の大きい画面用として、MISTから、壁面に取り付けるタイプもあります。

また、折り畳めるタイプの棚も売っていて、こちらの方が使わない時の収納も考えると良いかも知れません。

マグネット風呂イス(tower)

先程、風呂椅子ホルダーを紹介したばかりなのですが、こちらは、風呂いす自体にマグネットがついていて、そのまま壁にくっつけられます。

個人的には、座面高が25cmだとちょっと低いかなぁと思うので、もう少し座面の高いものが出たら購入しようと思っています。しかし、一般的なサイズ感ではあるので万人ウケはすると思います。

チューブ&トゥースブラシホルダー(tower)

歯ブラシは普段、洗面台においているのですが、浴室内で清潔に保管できるのであれば、お風呂の時に磨きたいと思っています。

洗面台で歯磨きをすると、意外と飛沫が鏡や周りに飛び散ったりするので、お風呂で磨いてシャワーで洗い流せるなら楽かと思いました。

コーナーラック(tower)

デッドスペースになりがちなコーナーですが、ラックを置くことで有効活用できます。収納力も高そうなので、大きめのボトルも置けそうです。

また、マグネットで浮かせられることと、水切れの良いスリット構造になっているため、ヌメりの心配もありません。

水切りワイパー(tower)

水切りワイパーは浴室の鏡の水滴を取ることで、水垢が残るのを防いでくれるのですが、あのT字の形状というのは置いても吊るしても邪魔になるというクセものです。

マグネットで引っ付けられるのであれば、鏡の隣に引っ付けておき、使い終わったらサッと拭いて、また引っ付けるだけなので、鏡掃除の習慣化にも良さそうです。

個人的な感想

個人的に良かったところ

風呂場にあるものは何でも浮かせられるので、一通り必要なものを揃えれば、床やラックに着くモノがなくなり、掃除がしやすくなりました。ヌメリの心配がなくなり、気持ちよくバスタイムを過ごすことができます。

また、意外とマグネットが強力で、簡単にはズレないので安心して使えます。

シンプルな構造なので、耐久性を心配していましたが、どの製品も3年以上使っていて壊れたりしたことは一度もありません。

個人的に気になるところ

ブランドコンセプトも理解できるのですが、もう少しカラー展開があると嬉しいなと思いました。

あとは、フラッグシップ店舗が無いため、実物を見ようと思うと雑貨ショップで探すことになるのですが、(良い意味で)商品が幅広いため、狙った商品がそのショップに置いていないこともあります。

まとめ

KEN

さいごまでお読みいただきありがとうございます。

良かったポイント

  • 風呂場のあらゆるモノを浮かせられるアイテムが揃っている
  • 浮かせて収納することで浴室掃除が楽になる
  • どの製品もマグネットが強力で外れたりズレたりする心配が無く安心
  • 耐久性も問題なし

気になるポイント

  • カラーが2色しか無い
  • 実店舗がなく、実物を確認するには雑貨店を探す必要がある
こんな方にオススメです
  • ボトルの底のヌメリが気になる
  • 浴室を整理整頓したい
  • 自分が使いやすいようにバスグッズを配置したい
  • 近々、彼氏彼女が我が家のお風呂を使う予定

この記事で紹介したアイテム一覧

¥1,760 (2024/07/10 21:33時点 | 楽天市場調べ)
¥4,950 (2023/12/01 15:07時点 | 楽天市場調べ)
¥3,960 (2024/07/10 21:33時点 | 楽天市場調べ)
¥3,850 (2024/07/10 21:33時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次