デロンギ マグニフィカSのコーヒーが薄い? 味の強度を高めるコツとは

デロンギのマグニフィカSで淹れたコーヒーが思ったより薄いと感じたことはありませんか?この記事では、そんな悩みを解消します。まずは、マグニフィカSでコーヒーが薄くなる主な原因を探り、豆の選び方や機械設定のチェックポイントを紹介します。そして、より濃厚な味を実現するための具体的な調整方法や実践的なレシピを提案します。

さらに、他の機種との比較を通じて、マグニフィカSの特性を理解しましょう。実際のユーザーレビューも交えながら、あなたのコーヒータイムをより充実させるためのヒントをお届けします。デロンギ マグニフィカSで理想のコーヒーを淹れる秘訣を、ぜひこの記事で見つけてください。

この商品をオススメする人

✅ 30代後半、1児のサラリーマンパパ
✅ 本業:システムエンジニア(組み込み系開発)15年
✅ 資格:応用情報技術者・情報処理安全確保支援士・家電製品アドバイザー
✅ 趣味:最新家電やガジェット情報の収集、水泳、スノーボード、旅行
✅ 提供商品に関しては基本的に原稿料をいただかずに紹介させていただいています

:X (twitter) | :instagram | :楽天ROOM

目次

デロンギ マグニフィカSの基本情報

デロンギ マグニフィカS

マグニフィカS ECAM22112Bの基本スペック

マグニフィカSシリーズの中でもっとも安価なモデル:ECAM22112Bの基本的なスペックは下記のとおりです。

項目詳細
シリーズ名マグニフィカS
外形寸法幅238mm × 奥行430mm × 高さ350mm
本体質量9.5kg
ブラック
電源コードの長さ2.0m
電圧/周波数AC100V / 50-60Hz
消費電力1450W
ポンプ圧15気圧(抽出時9気圧)
ボイラーシングル
着脱式給水タンク容量1.8リットル
豆ホッパー容量250g
グラインダー7段階・低速回転コーン式
コーヒー粉使用可能
コーヒー濃度設定無段階 ダイヤル式
抽出量調節1種デフォルト・1種設定可能(コーヒー1杯: 20~180cc / 2杯: 40~360cc)
カス受け容量最大20杯分(2杯抽出10回分、1杯抽出14回分)
コーヒー抽出口高さ8.6cm~14.2cm
付属品クリーニングブラシ、計量スプーン、除石灰剤、水硬度チェッカー、簡易マニュアル
保証期間1年
生産国ルーマニア
その他再資源化システム、欧州RoHS指令適合

このデバイスは、ボタン1つで挽きたての本格レギュラーコーヒーが楽しめる全自動コーヒーマシンです。特徴として、日本人好みの深蒸しレギュラーコーヒーを提供する「カフェ・ジャポーネ」機能や、キメ細かいフォームミルクが作れる二重構造高性能ミルクフロッサー、着脱可能な抽出ユニットなどがあります。コーヒーの濃さや抽出量、抽出温度をカスタマイズでき、お好みに合わせた一杯を楽しむことができます​。

なぜマグニフィカSは人気なのか

マグニフィカSの人気は、高品質なコーヒーを手軽に楽しめる点にあります。直感的に操作できるダイレクトメニューボタンや無段階ダイヤル式のコーヒー濃度調整機能が、使い勝手の良さをさらに高めています。また、抽出温度の調整機能や付属品の違いなど、細かなニーズに応える設計がされており、ユーザーに合わせた使い方が可能です​​。

モデル間の違い

デロンギ マグニフィカSには複数のモデルが存在し、それぞれに特徴があります。共通するのは全て全自動のコーヒーマシンである点、ダイアル式の操作が可能で、コーン式グラインダーで豆を挽く機能を持っています。一部モデルにはミルクフロッサーが搭載されており、カフェラテやカプチーノなどのミルク系ドリンクの作成にも適しています。また、コーヒーの濃度や量、温度のカスタマイズが可能で、利用者の好みに合わせたコーヒーを楽しむことができます。

  • メニュー数と機能の違い: 上位モデルでは複数のコーヒー・ミルクメニューが利用可能。ECAM22112は基本メニューに特化しています。
  • 操作性の違い: タッチパネルや液晶画面の有無により操作性が異なります。直感的な操作を求めるならタッチパネル搭載モデルが適しています。
  • 価格帯: 約6万円から約16万円と幅広い価格帯。機能と予算に合わせた選択が可能です。例えば、コスパ重視ならECAM22112が良い選択肢となります​​。

マグニフィカS各モデルの特徴

  • マグニフィカS カプチーノ スマート(スタンダードモデル): 自動カプチーノ機能付き。価格は約12万円​​。
  • マグニフィカS スペリオレ(スタンダードモデル): 液晶画面搭載で操作性向上。価格は約13万円​​。
  • マグニフィカS スマート(スタンダードモデル/直営店限定): スペシャルティコーヒー抽出可能。価格は約11万円​​。
  • マグニフィカS ECAM22112: コンパクトサイズで基本機能を備え、価格は約7万円弱。シンプルな操作性とコスパの高さが魅力です​​。

筆者は一番安いECAM22112(いわゆるエントリーモデル)を購入しましたが、エスプレッソ抽出の性能としては上位モデルも変わらないのと、ミルク系ドリンクはあまり飲まないため、コスパも良く満足しています。

デロンギ マグニフィカSでコーヒーが薄くなる原因

デロンギマグニフィカSで淹れたエスプレッソが薄く感じられる場合、その主な原因は豆量設定、抽出時間、豆の挽き方に関連しています。マグニフィカSの設定を必要に応じて調整しましょう。

豆の挽き具合はグラインダーノブで「1」(最も細かい)から「7」(最も粗い)の範囲で調整可能です。抽出時の水量は20~180mLの範囲で設定でき、これにより好みの濃さを実現することができます。また、豆の量も簡単に調整できるため、新しい豆を試す際には、まずこのダイヤルで調整を試みると良いでしょう​​。

豆量の調整

デロンギ マグニフィカS 操作パネル
中央のダイヤルで豆量を調整できる

一番簡単な濃さの調整ポイントは好みに合う豆量を見つけることです。豆量の調整は豆量調整つまみで簡単に調整できますが、試行錯誤して自分に合った量を見つけましょう。私は濃い味が好きなので、いつもMAXにしています。家族はMAXだと濃すぎるらしく、ちょうど中間くらいに設定して抽出していますが、ミルクで割る場合は豆量は多めで抽出しています。

豆の選び方と挽き具合の調整

豆の挽き方が薄味の大きな要因となることがあります。細かく挽かれた豆は、抽出時に成分が溶け出しやすくなり、濃厚な味わいを生み出します。マグニフィカSでは、グラインダーの設定を調整することで挽き具合を変えることができます。デフォルト設定は「5」ですが、より細かい「3」などに設定することで、クリーミーで濃厚なエスプレッソを楽しめます。

また、エスプレッソ専用の豆を使用することも、味を改善する一つの方法です。エスプレッソ専用豆は、一般的なドリップコーヒー用の豆よりも深煎りで、細かく挽かれているため、濃厚な味わいに最適です​​​​。

我が家ではコストコで購入できるカークランドシグネチャーのエスプレッソコーヒー豆をストックしています。同郷(シアトル)発祥のよしみで、「スタバでロースト」というコラボが売りですが、正直「スタバでローストしたから何?」とは思います(笑)。が、味はとても飲みやすく気に入っていますし、我が家はずっとこの豆を使っています。とにかくコスパがいいので継続的に豆を買う方にはオススメです。

抽出量(水量)の調整

エスプレッソの理想的な抽出には、水量と豆の量のバランスが重要です。例えば、量を減らすことで、抽出されるコーヒーの濃度が上がります。

抽出時間の調整方法は、少し複雑なのですが、覚えてしまえば簡単です。

STEP
コーヒー(エスプレッソ)1杯ボタンを長押し

ランプが点滅するまで推し続けます。点滅したら指を離してOKです。

STEP
抽出時間を測定

スマホのタイマー等を使って抽出が始まったら抽出量を計量しましょう。耐熱の計量カップを置いておくと良いでしょう。

STEP
コーヒー(エスプレッソ)1杯ボタンを再度短押し

ちょうど狙った抽出量になったら再度1杯ボタンを押すと、抽出が止まります。以降、普段の抽出手順では同じ量が抽出されるように設定されます。1杯の設定ができたら、2杯はその倍抽出されることになります。

実際のユーザー体験とアドバイス

デロンギ マフにフィカS

ユーザーレビューと評価

デロンギ マグニフィカSに関するユーザーレビューは概ね肯定的です。多くのユーザーはその美味しいエスプレッソ、高いフォームミルクのクオリティ、おしゃれなデザイン、簡単な操作方法を高く評価しています。一方で、機械の大きさや音の大きさ、高価格がマイナスポイントとして挙げられています。しかし、味に関する悪い口コミはほとんど見受けられませんでした。特にコーヒーファンの間では、簡単に美味しいコーヒーが作れるとして、高い満足度を示しています​​​​。

良いコメント

おしゃれで高級感のあるデザインが気に入っています。キッチンにもバッチリ合います。

ミルクフロッサーが手軽に使えて好み通りにミルクが泡立てられるので、たっぷりクリームのカフェラテがいつでも飲めるのが嬉しい。

自動的に内部洗浄してくれて、手入れするパーツも少なく簡単なのがうれしい

コスパが良いので使うほどお得

全自動で操作が簡単

悪いコメント

ミルクを泡立てる時の音がうるさい

火傷には注意が必要

置き場所の高さに注意が必要。上の隙間が狭いと、豆が投入し辛い。

おいしいコーヒーを淹れるためのヒント

デロンギ マグニフィカSでおいしいコーヒーを淹れるためのヒントは、鮮度の良い豆の使用が重要です。鮮度が良いコーヒー豆は味わいが深く、胃への負担も少ないとされています。1回の抽出で使用する豆の量は約14gで、1回あたりのコストは約39円程度。これにより、外でコーヒーを購入するよりも遥かにコストが安く、より美味しいコーヒーを楽しむことができます。

また、全自動マシンであるため、操作はボタンを押すだけで簡単に行えます。ミルクを泡立てるミルクフロッサーも搭載されており、カプチーノやカフェラテなども自宅で簡単に作ることができます。ただし、カフェジャポーネ機能に関しては、ドリップコーヒーに近づける試みではありますが、好みに合わないと感じるユーザーもいるようですので、個人の好みに応じて使い分けることが重要です​​。

筆者は仕事中はカフェジャポーネをタンブラーに入れてゴクゴク飲み、食後にはエスプレッソで一息ついています。

設置時の注意点

筆者が実際に購入し設置したときに想定外だった点を共有しておきます。

デロンギ マグニフィカS
左がマグニフィカS 右上はCuisinartの全自動コーヒーメーカー

サイズ

コーヒーメーカーとしてはスリムな方ですが、それでも幅238×奥行430×高350mmとなっていますので、購入前に設置場所のスペース確認が必要です。また、豆の投入は上部の蓋を開けて行いますので、上部にもそれなりのスペースが無いと、豆を入れるたびに本体を引き出したりする必要があります。

デロンギ マグニフィカS 上部
デロンギ マグニフィカS 上部

電源周り

デロンギ マグニフィカS 電源コンセント

電源コンセントを挿すスペースも確認が必要です。コンセントのカバーが厚めになっており、キッチンラックにつけられているコンセントだとうまくハマらない可能性があります。筆者宅が実際に挿せなかったため、方向変換器を噛ませてから接続しています。

まとめ

デロンギ マグニフィカSは、家庭用にエスプレッソマシンとして理想的な全自動エスプレッソマシンです。初期投資は必要ですが、長期的にはコンビニコーヒーやカプセル式コーヒーメーカーよりもコストパフォーマンスが高いと評価されています​​。

バリスタレベルのコーヒー抽出技術

デロンギ社の技術により、マグニフィカSは家庭でバリスタレベルのエスプレッソを楽しむことが可能です。このマシンは最適なタンピング、9気圧の抽出圧、20秒の抽出時間、88~96度の抽出温度をコントロールし、一貫して高品質なエスプレッソを提供します​​。

様々なコーヒーメニューの提供

マグニフィカSはエスプレッソやカフェジャポーネのみならず、カプチーノやカフェラテも簡単に作れます。ミルクフロッサーを使用することで、ミルクの泡を多めにしたり、ラテとカプチーノの間で調整することが可能です​​。

操作の簡便さ

マグニフィカSは使いやすさが特徴です。エスプレッソやカフェジャポーネはボタン一つで簡単に抽出でき、朝の忙しい時間にも便利です。また、アイスコーヒーやカプチーノなども、少ない操作で作ることができ、多様なコーヒーメニューを手軽に楽しむことが可能です​​。

お手入れの簡単さ

マグニフィカSのお手入れは比較的簡単です。日常的に必要なのはカス受けや水タンクの水洗いのみで、豆カスは固形状になって集まるので、簡単に処理できます。私が一番気に入っていて、購入に至ったポイントもこのメンテナンス性です。やはり、気軽に使えるというのは、長く使っていく上で重要なメリットだと思います。

コーヒーが薄い場合の調整

コーヒーが薄いと感じる場合、豆の挽き具合、抽出時の水の量、豆の量の調整で好みの濃さにすることができます。これにより、各ユーザーの好みに合わせて、濃いめのエスプレッソや薄めのカフェジャポーネなど、幅広い味わいを提供します​​。

デロンギ マグニフィカSは、その高いコストパフォーマンス、バリスタレベルの抽出技術、多様なコーヒーメニューの提供能力、使い勝手の良さ、そして簡単なお手入れ方法により、家庭やオフィスでのコーヒー体験を格段に向上させることができる優れたコーヒーマシンです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次