ウォーターサーバーかペットボトルか?環境とコストを考えた上での最適な水の選び方

水を購入する方法として、「ウォーターサーバー」と「ペットボトル」のどちらがより良い選択なのか。特に、家庭やオフィスでの日常的な水の利用方法を検討する際、ウォーターサーサーバーの導入で悩んだことはないでしょうか。

どちらも清潔で便利な飲料水の利用方法になりますが、実際にはコスト、利便性、環境影響など、考慮すべき多くの違いがあります。

この記事では、環境への影響、コスト効率、利便性の観点からウォーターサーバーとペットボトルを徹底比較し、あなたの選択をサポートします。それぞれのメリットとデメリットを探ることで、あなたのライフスタイルに最適な飲料水の利用方法を選択するための有益な情報を提供します。

読み進めることで、自分や家族のために最もコスト効率が良く、使いやすい方法を見つけることができるでしょう。

この商品をオススメする人

✅ 30代後半、1児のサラリーマンパパ
✅ 本業:システムエンジニア(組み込み系開発)15年
✅ 資格:応用情報技術者・情報処理安全確保支援士・家電製品アドバイザー
✅ 趣味:最新家電やガジェット情報の収集、水泳、スノーボード、旅行
✅ 提供商品に関しては基本的に原稿料をいただかずに紹介させていただいています

:X (twitter) | :instagram | :楽天ROOM

目次

ウォーターサーバーとペットボトルの基本比較

一昔前はウォーターサーバーといえば、店舗や施設に設置しているイメージでしたが、今では1人暮らしの賃貸の部屋にも気軽に設置するほど、広く普及しています。また、誰もがインターネット通販をするようになり、ペットボトルを配送して飲んでいる方も多いと思います。

それぞれの利用方法には特有のメリットとデメリットがあり、利用者の生活スタイルやニーズによって最適な選択が異なります。

それぞれの特徴

ウォーターサーバーは、定期的に大容量のボトルが宅配されるシステムであり、家庭やオフィスでの利用に便利です。冷水や温水が即座に使用できるため、料理や飲料の準備が簡単になります。また、水の品質にこだわるメーカーが多く、高品質な水を日常的に利用できる点が魅力です。

浄水タイプのウォーターサーバーが最近では普及し始めています。水を宅配するのではなく、各家庭の水道水を浄水して冷水温水を出すタイプで、ボトルの購入ノルマが無く、必要な分量を使うことができるため、利便性の高いシステムとなっていますが、あくまで水道水であることは注意が必要です。

ペットボトルの水は手軽に購入でき、外出時の携帯に便利です。また、天然水を含む、さまざまな種類の水から選べるため、好みに合わせた選択が可能です。ただし、使用後のペットボトルの処理が環境問題として指摘されており、サステナビリティの観点からも注目されています。

ウォーターサーバーの初期コストとランニングコスト

初期コストは、0円に設定しているところがほとんどなので、導入しやすいプランとなっています。

ランニングコストとしては、水の料金レンタル料(レンタルの場合)、電気代が含まれます。一般的に、ウォーターサーバーの水の料金は500mlあたり約58〜126円(アクアクララ調べ、令和5年12月時点)とされていますが、RO水(人工的にろ過した水)と天然水(水源から汲み上げてボトリングした水)があり、RO水の方が若干安い傾向にあります。

対して、ペットボトルの水は500mlタイプだと約55円〜120円程度で購入可能であり、購入する場所や水の種類によって料金は異なりますが、箱買いすることでお買い得になることが多いです。

ウォーターサーバーはその利便性から、多くのユーザーに選ばれています。特に、料理や飲料の準備に温水や冷水を即座に使用できる点、高品質な水を安定して供給できる点が評価されています。また、ウォーターサーバーの利用は、ペットボトルのゴミを減らし、環境保護にも貢献することができます。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーを利用することの利点と注意点は多岐にわたります。以下に、より詳細な情報をもとにしたメリットとデメリットを具体的に解説します。

メリット

  1. 安全でおいしいお水をすぐに飲める:
    • RO水を採用しているウォーターサーバーは、不純物をほぼ完全に除去し、必要なミネラルを加えた安全でおいしい水を提供します。
    • 天然水を採用しているウォーターサーバーは、水源の環境や製造過程が衛生的に管理されているため、安全性が高い飲料水と言えます。また、天然水は化学処理をしていないため、ミネラル分を含んでいてナチュラルな味わいがありますが、地域によって成分が異なるのが特徴です。
  2. 冷水・温水をいつでも利用可能:
    • 一台で冷水と温水を提供できるため、朝の忙しい時間にも、お茶やコーヒーなどを手軽に楽しむことができます。また、赤ちゃんのミルク作りや料理、飲み物の準備が格段に便利になります。
  3. 配達サービスによる利便性:
    • 重い水を自分で運ぶ必要がなく、定期的に玄関先まで配達してもらえるため、水を買う手間が省けます。
  4. 災害時の備蓄としても有効:
    • 災害時に水道の供給が止まった場合でも、ウォーターサーバーの水があれば飲料水を確保できます。ただし、電力により水を出すモデルもあり、電気が止まってしまった場合に水が出せないタイプもあるため、事前に確認をしておきましょう。
  5. 部屋に馴染むデザイン:
    • 近年のウォーターサーバーはインテリアに溶け込むデザインやコンパクトタイプが豊富にあり、お部屋の雰囲気を損ないません。

デメリット

  1. ランニングコスト:
    • ウォーターサーバーの利用には、水のボトル代レンタル料電気代など定期的なコストが発生します。
  2. 定期的なメンテナンスが必要:
    • 安心してウォーターサーバーを利用し続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。メーカーによるサポートが受けられる点は便利です。
  3. 設置場所の確保:
    • ウォーターサーバーを設置するためには適切な場所が必要です。スペースが限られている場合は、設置が難しいことがあります。
  4. 注文ノルマによる消費量の把握:
    • 大抵のウォーターサーバーにはノルマが設定されており、必要以上の水が溜まってしまったり、無理に消費しなければならない状況が発生する可能性もあります。特に、1人暮らしでの導入には、使用量を事前にチェックしておく必要があります。

ウォーターサーバーを導入する際には、これらのメリットとデメリットを総合的に考慮し、自身のライフスタイルやニーズに合ったサービスを選択することが大切です。また、ウォーターサーバーの種類や提供する水の種類、サポート内容を比較検討することで、最適なサービスを見つけることができます。

ペットボトルのメリット・デメリット

ペットボトルの水は、その利便性とアクセシビリティから、多くの人々に選ばれています。しかし、使用する上で考慮すべき環境への影響もあります。

メリット

  • 手軽に購入可能: スーパーマーケット、コンビニエンスストア、自動販売機など、様々な場所で簡単に購入できます。Amazon等インターネット通販でも天然水が販売されており、玄関まで配達してくれるので便利です。
  • 持ち運びの利便性: 軽量で持ち運びやすく、外出時やオフィス、運動中など、様々なシチュエーションで水分補給が可能です。
  • 種類の豊富さ: 天然水、ミネラルウォーター、味付きの水など、好みやニーズに応じた多種多様な選択肢があります。

デメリット

  • プラスチック廃棄物の問題: 使用後のペットボトルは、適切にリサイクルされない限り、環境汚染の原因となり得ます。プラスチック廃棄物は自然分解に長い時間を要し、海洋汚染などの環境問題にもつながります。
  • 資源の消費: ペットボトルの製造には、石油などの化石燃料が使用されます。また、輸送に伴う二酸化炭素排出も環境への負担となります。
  • エネルギー消費とCO2排出: ペットボトルの製造から配送、冷却に至るまで、大量のエネルギー消費とCO2排出が伴います。

ペットボトルの水の利用は、日常生活における水分補給の便利な手段ですが、その利用には環境への配慮が必要です。ペットボトルのリサイクルや、マイボトルの利用の促進など、環境負荷を減らすための選択を心掛けることが重要です。

利用者の声と評価

多くの人々がウォーターサーバーやペットボトル水を選ぶ理由には、それぞれの生活スタイルや価値観が反映されています。以下に、利用者からよく聞かれる声を基に、それぞれの選択肢のメリットを紹介します。

ウォーターサーバーを選ぶ理由

  • 利便性と時間の節約: ウォーターサーバーを選ぶ主な理由の一つは、冷水や温水がすぐに使えることにあります。特に小さな子どもがいる家庭では、ミルクや離乳食の準備においてその利便性を高く評価する声が多いです。筆者としては、安心安全かつ、適温がすぐに作れるウォーターサーバーは赤ちゃんがミルクを飲んでいる時期だけでも導入することをおすすめしています。
  • 必要な分だけ飲める: レバーを押した分だけ水を出せるため、ペットボトルのように決まった容量を消費する必要がありません。ペットボトルの場合、一度開封して口をつけてしまうと、温度によっては雑菌が増えてしまい、衛生面の心配があります。
  • 水質への信頼: 定期的に届く水の品質に対する信頼も大きな要因です。特に天然水を好むユーザーは、その味と品質の一貫性を理由にウォーターサーバーを利用しています。
  • エコ意識: 一度に大量の水を使用できるため、ペットボトルの消費を減らし、環境保護に貢献できるという点も、ウォーターサーバーを選ぶ重要な理由として挙げられます。

ペットボトルを選ぶ理由

  • 持ち運び: 外出先での水分補給の必要性から、持ち運びやすいペットボトルの水を選ぶ人も多いです。特にスポーツやアウトドア活動をする人々にとって、その手軽さは大きなメリットです。
  • 多様な選択肢: 様々なブランドや種類の中から選べることも、ペットボトル水の魅力の一つです。その日の気分や好みに応じて、味やミネラル成分が異なる水を選ぶことができます。おしゃれなラベルを貼っているボトルもあり、ファッション感覚として持ち運ぶ方も居るようですが、私は捨てるときの手間を考えてラベルレスを愛飲しています。
  • 緊急時の備蓄: 災害時など、水道が使えなくなる緊急事態に備えて、ペットボトルの水を常備しておく家庭もあります。特に地震が多い地域では、ペットボトル水の備蓄は一般的な対策の一つとされています。

これらの声は、ウォーターサーバーとペットボトルの水、それぞれが異なるニーズに応えることができることを示しています。個々のライフスタイルや価値観に合わせて最適な選択をすることが、満足度を高める鍵となります。

コスト比較

結局コストはどれくらいかかるのか?

できるだけコストを抑えた選択肢は?

コストに見合う利便性はあるのか?

ウォーターサーバーとペットボトルを併せて比較してみましょう。

ウォーターサーバーのコスト

電気代については、提供されている機種の消費電力量から24時間×30日の使用で換算し、電気代単価を1kWhあたり27円と仮定した概算しています。参考程度としてください。ECO(エコ)モード等、電気代を抑える機能が付いている機種については、大幅に節約することも可能です。

スクロールできます
ブランド名水の種類レンタル料電気代ボトル料金ボトル料金
500mLあたり
クリクラRO水0円/月
(3ヶ月6本未満の場合1,100円)
約1,100円24L=¥3,18066.25円
フレシャス
天然水0円/月〜
(先月の購入数に依存)
約1,000円・dewo
7.2L=¥1,140〜¥1,170
・オリジナルモデル
9.3L=¥1,506
約79円〜約81円
プレミアムウォーター
天然水0円
amadana、cadoモデルは1,100円/ 月
約648円〜
約1,060円
24L=3,866〜5,333円
(契約年数やサーバー機種による)
約81円〜約111円
コスモウォーター
天然水0円
限定カラーモデルは2,200円
約850円
エコモード時は474円(公式サイト)
24Lあたり4,104円約85.5円
アクアクララ
お水の宅配アクアクララ 無料お試しキャンペーン中!
天然水1,100円/月
※1,650円の機種も有り
約1100円・12Lボトル
1,512円(通常)
1,404円(2年割)
・7Lボトル
1,188円(通常)
1,080円(2年割)
・12Lボトル
約63円(通常)
約58.5円(2年割)
・7Lボトル
約85円(通常)
約77円(2年割)
富士おいしい水天然水605円/月約850円前後
(エコモード搭載機で400円前後)
12L=1,388円
別途配送料(関東、関西
、中部、北陸は無料)
約58円

ペットボトルのコスト

スクロールできます
ブランド名販売価格
い・ろ・は・す天然水
540ml×24本=2,064円
500mLあたり79.6円
Amazon
伊藤園 天然水485mL×24本=1,763円
500mLあたり75.3円
Amazon
アサヒ飲料 おいしい水600mL×24本=1,999円
500mLあたり69.4円
Amazon
アイリスオーヤマ
富士山の天然水
500mL×24本=1,394円
500mLあたり58円
Amazon
by Amazon 天然水500mL×24本=1,320円
500mLあたり55円
Amazon
サントリー 天然水550mL×24本=2,109円
500mLあたり79.8円
Amazon

ウォーターサーバーとペットボトル、コスパ最強の選択は?

コスパ最強ウォーターサーバー:富士おしいい水

ランニングコスト(レンタル料・電気代)も含めたコスト最安で導入できる機種は、富士おいしい水です。

月2本(24L)、関東に配送して貰い、電気代が850円かかると想定した場合、

電気代までコミコミで月々4,231円(500mL換算で約88円)となります。

  • 水は人気の富士山の天然水
  • 解約金無しのため、安心して始められる
  • ノルマが無いため、「結局コストが毎月高くなる」ということはない
  • ボトルは使い捨てで回収不要
  • 全ての手続きが24時間365日マイページで可能
  • レンタル料605円に、サーバーの故障時交換保証がついている
  • 一部地域では配送料がかかるため注意
  • 解約時は、梱包資材・送料を自身で負担し送付するか、5,500円で回収してもらう必要がある

コスパ最強ペットボトル:by Amazon 天然水 ラベルレス

とにかく安く天然水を手に入れるならAmazonで購入できるAmazonブランドの天然水です。

通常の注文でも1本55円の最強コスパですが、定期おトク便を利用し、毎月24Lを定期購入した場合、

月々2,508円(500mLあたり52円)となります。

ウォーターサーバーと違い電気代がかからない代わり、冷蔵庫の開閉や、ポットやガスで沸かす際に光熱費がかかります。

  • バナジウム22μg/Lが含まれた富士山の天然水
  • いつでも必要なときに必要な分だけすぐ配送してもらえる
  • 定期おトク便を利用するとさらにお得
  • ラベルレスなので、リサイクルや分別が簡単

最適な選択をするためのアドバイス

ウォーターサーバーとペットボトル水、どちらを選ぶかは、個々のライフスタイルや価値観、さらには経済的・環境的な考慮に大きく依存します。最適な選択をするために、以下のポイントを心掛けることが重要です。

個人のライフスタイルに合わせた選択

  • 日常の水分補給のニーズを考える: 家で過ごす時間が長い、家族が多い、小さな子どもや高齢者がいる家庭では、ウォーターサーバーが便利です。一方で、単身や外出が多いライフスタイルの場合は、ペットボトルの水が合っているかもしれません。
  • 料理や飲料の準備の頻度を検討する: お茶やコーヒー、スープなどを頻繁に作る場合、温水機能付きのウォーターサーバーがあると便利です。冷たい水だけで十分なら、ペットボトルも良い選択肢となります。
  • 利便性とメンテナンス: ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが必要ですが、ペットボトルの水は使用後のリサイクルを考慮する必要があります。それぞれのメンテナンスや処理の手間を考慮して選びましょう。Amazonなどの通販を利用すれば、ラベルレスのペットボトルも購入でき、ゴミ捨てが楽になります。

コストと環境影響を考慮した決定

  • 長期的なコストを計算する: ウォーターサーバーのレンタル料、水の価格、電気代などのランニングコストと、ペットボトル水の単価を比較し、どちらが経済的か考えてみましょう。冷水、温水をよく使う場合はペットボトルの場合、手間や光熱費がかかりますが、常温でしか使わないのであれば、ウォーターサーバーの電気代は無駄になるでしょう。
  • 環境への影響を検討する: ペットボトルの水はリサイクルが必要であり、大量消費はプラスチック廃棄物を増加させます。ウォーターサーバーはゴミの量を減らせますが、電気を消費します。自分の環境に対する影響を最小限に抑えたい場合の選択を考えましょう。
  • サステナビリティに注目: 使い捨てではなく、持続可能な選択肢を選ぶことも大切です。マイボトルの利用や、リサイクル可能なパッケージを選ぶなど、環境に優しい生活を心掛けましょう。

最終的な選択は、個人のライフスタイルや価値観、経済的・環境的な責任を踏まえた上で、最も適した方法を選ぶことが肝心です。自分自身や家族の健康、快適さ、そして地球環境にとって最善の選択を心掛けましょう。

まとめ

ウォーターサーバーとペットボトルの水、どちらを選択するかは、個々のライフスタイル、ニーズ、そして環境への配慮に基づいて決定されるべきです。この記事を通じて、両者のメリット・デメリット、利用者の声や評価、そして最適な選択をするためのアドバイスを紹介しました。

冷水やお湯を頻繁に使う方

ウォーターサーバーの富士おいしい水がおすすめです。ランニングコストが最安で、購入ノルマや解約費用がかからないため、一人暮らしでも気軽に導入してみることができます。湯沸かしの手間がなくなることは想像以上に便利です。特に赤ちゃんのミルク作りでは冷水とお湯で適度に割ることで、安心安全なミルクを素早く準備することができます。

常温の水をよく飲む方

常温で飲む方にとってはウォーターサーバーはオーバースペックになるため、ペットボトルの水をインターネットで配送してもらう方が良いでしょう。ペットボトルで小分けにされているため、気軽に持ち出すこともできます。出先で捨てることもできるため、重いタンブラーを持ち運ぶ必要がなくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次