家庭で快適!静かなルームランナーの選び方とおすすめモデル。

家庭にルームランナーを置きたくて、静かなモデルをお探しでしょうか。ルームランナーの静音性は非常に重要です。特に、マンションやアパートなどの集合住宅では、騒音問題が大きな懸念事項です。

この記事では、静かなルームランナーを選ぶためのポイント、おすすめモデル、そして騒音対策について詳しく解説していきます。

どのようにして静かなランニングマシンを選び、快適なフィットネスライフを実現するか、その具体的な方法をご紹介します。この記事を読めば、あなたに最適な静音ルームランナーを見つけるための知識が得られるでしょう。

この商品をオススメする人

✅ 30代後半、1児のサラリーマンパパ
✅ 本業:システムエンジニア(組み込み系開発)15年
✅ 資格:応用情報技術者・情報処理安全確保支援士・家電製品アドバイザー
✅ 趣味:最新家電やガジェット情報の収集、水泳、スノーボード、旅行
✅ 提供商品に関しては基本的に原稿料をいただかずに紹介させていただいています

:X (twitter) | :instagram | :楽天ROOM

目次

家庭用ルームランナーの静音性の重要性

家庭での運動器具として家庭用ルームランナーはその中でも人気の高い運動器具ですが、その運用時の騒音が問題になることがあります。特に、マンションやアパートなどの住環境では、隣人への配慮が必要です。このため、静音性が高い家庭用ルームランナーの需要が高まっています。

静音性の高いランニングマシンは、衝撃吸収マットが付属しており、最高16km/hの速度にも対応しています。このような特徴を持つモデルは、静かで快適なトレーニングを実現し、周囲に配慮しながら運動を楽しむことができます。

なぜ静かなルームランナーが必要なのか

静かなルームランナーが必要な理由は、主に生活空間での快適さと隣人への配慮にあります。音の大きな運動器具は、使用者自身のストレスにもなり得ますし、特に夜間や早朝の運動では隣近所への影響が懸念されます。特に集合住宅に住む人々にとって大きな課題となります。

静音性を備えたルームランナーを選ぶことで、これらの問題を軽減し、いつでも自宅で気兼ねなく運動が行えます。また、静かなモデルは、走行時の振動や音が少ないため、フローリングへの影響も少なく、家庭内での使用に適しています。

マンション・アパートでの使用

マンションやアパートでのルームランナー使用には、特に静音性が重要です。これは、隣接する住居への音の伝わり方が直接的であるため、通常の住宅よりもさらに配慮が必要となるからです。

静音性の高いランニングマシンは、動作音が小さく、振動も少ないため、集合住宅でも安心して使用することができます。これにより、時間帯を選ばずに運動を楽しむことが可能になり、ライフスタイルに合わせた柔軟なフィットネスが実現します。

静かなルームランナーの選び方

静かなルームランナーを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。まず、自走式か電動式かを選ぶことが大切です。電動式の場合は、機能や価格も重要な選択基準となります。また、スペースの制限がある場合は、マシンの大きさも重要な要素です。

さらに、快適にトレーニングするためには、ベルトの長さと幅もチェックすることが推奨されます。最高速度と耐荷重も、使用目的に応じて確認しておくべきです。

主要な静音性能のポイント

静音性の高い家庭用ルームランナーを選ぶ際の主要なポイントは、モーターの静音設計ベルトの厚みと材質、そして全体の構造にあります。

静音設計のモーターは運動中の騒音を大幅に低減し、ベルトの厚みと材質は運動時の振動を吸収し、床への影響を減らします。また、全体の構造がしっかりしていると、使用時の安定性が高まり、余計な騒音が発生しにくくなります

騒音レベルの理解と比較

静かなルームランナーを選ぶ際には、騒音レベルの理解と比較が重要です。具体的な騒音レベルは製品仕様で確認できますが、実際にどの程度の音量かを理解するためには、店頭での実際の体験や、オンライン上のレビューを参考にすると良いでしょう。

特に、マンションやアパートで使用する場合は、周囲への影響を最小限に抑えるためにも、低騒音モデルの選定が重要となります。

購入前に知っておきたいポイント

  • サイズと収納性:家庭用ルームランナーでは、設置スペースや収納時のサイズも重要な要素です。コンパクトに折りたたむことができるモデルや、移動用キャスター付きのモデルが便利です。
  • 機能性:速度調節や傾斜調整機能、心拍数やカロリー計測機能など、トレーニングの目的に合わせた機能が搭載されているか確認が必要です。
  • 安全機能:緊急停止機能や滑り止めの装備など、安全面に配慮した設計がされているかも重要なポイントです。

人気の価格帯別 家庭用ルームランナーモデル

以下では、特に人気のある家庭用ルームランナーモデルとその特徴を紹介します。あくまで”初心者が購入する家庭用“としての価格帯別ラインナップになります。本格的にこだわりを持ってトレーニングされる方はさらに高価格帯を視野にいれましょう。

どの製品も12km/h時の騒音レベルは60dB台から70dB台で、一般的な会話程度の音量です。ただし、製品によって使用するモーターや衝撃吸収システムなどの仕様が異なるため、騒音レベルには多少の差があります。また、騒音レベルは速度によっても変化します。

一般的なルームランナーでは、速度が上がるほど騒音レベルが高くなります。そのため、静かな場所で使用したい場合は、速度を抑えて使用することをおすすめします。

なお、騒音レベルはあくまでも目安であり、実際の騒音レベルは周囲の環境や設置方法によっても異なります。また、使用者の体重や走り方によっても、騒音レベルが変化する場合があります。

低価格帯

BARWING(バーウィング) ルームランナー

時速1-16kmの範囲で20個のプログラムモードを備え、初心者から上級者まで幅広く対応できるモデルです。BW-SRM16は、コスパが高く、機能が豊富で、静かで走りやすいという口コミが多く見られ、操作パネルの使いやすさやプログラムの多様性が高く評価されています。

また、衝撃吸収クッションが8つ付いており、足腰への負担を軽減します。静音設計で、最高速度でも69db以下の音量です。

  • 良い口コミ
    • 速度が時速1kmから16kmまで調節可能で、家族全員が使用できる​​。
    • 静音設計で、音が静かに使える​​​​。
    • 組み立てが簡単で、女性一人でも大丈夫​​。
    • 走行面が広めで、走りやすい​​。
    • 特殊クッションで膝に優しく、膝を痛めにくい​​。​​​。
  • 悪い口コミ
    • 本体が想像以上に重く、大人2人でないと2階への運搬が難しい​​。
    • タブレットホルダーの位置が低すぎて、使いにくい​​。
    • 高齢者にとっては、QRコードを使ったスマホ確認システムが難しい​​。
    • 肥満指数計測モードが毎回性別、年齢、体重を登録しないと使えないのが面倒​​。
    • 出張修理サービスがなく、メンテナンス面で不便​​。
項目詳細情報
モデル名BW-SRM16
騒音レベル69dB(16km/h時)
最大速度最大時速は16km/hで、0.8km/hから0.1km/h刻みで調整
走行面サイズ幅41cm x 長さ120cm
傾斜3段階に設定でき、最大で約4.3%
プログラム数20種類。時間・カロリー・距離の3モードで目標設定。
折りたたみ可能性折りたたみ設計あり、キャスター付きで移動が簡単
最大連続使用時間約100分
追加機能心拍数測定、音楽再生機能、ショートカットキー、タブレットトレー、ドリンクホルダー、安全キー

BTM 電動ランニングマシン

BTMのランニングマシンは、中国製の低価格なルームランナーで、とにかく安いのが最大の魅力です。最大速度12kmのモデルはコスパ的におすすめです。定番デザインでスペックもしっかりしており、他メーカーで同性能だと同様価格ではまず購入できません。

ただし、値段重視の方にはおすすめの商品ですが、品質については他のメーカーに劣るため、長期間の使用や本格的なトレーニングを想定していたり、品質にこだわる方は他のメーカーのランニングマシンを検討することをお勧めします。

  • 良い口コミ
    • 「これで3万円は全然良い!とても気に入ってます」​​。
    • 「コスパが素晴らしい。コロナで運動不足解消に大変役立っています」​​。
    • 「モーター音は思ったより静かで、ベルトのバタつきも気にならず、走れて満足しています。コスパ最強の製品ですね」​​。
    • 「洗濯機くらいの音なので、毎日30分くらい気にせず使っていたら、なんと1か月で10キロ近く減りました。超おすすめです!」​​。
  • 悪い口コミ
    • 「中国製の商品を日本版にしているのか、取扱説明書がわかりづらい」​​。
    • 「重たい。組立が大変だった。取説も不親切で大変でした」​​。
    • 「使わない時は立ててコンパクトに収納できますが、収納の度にネジの操作が面倒」​​。
    • 「最大連続利用時間が1時間。もう少し長ければ・・・」​​。
項目詳細情報
モデル名BTM 電動ランニングマシン(MAX12km/h)
騒音レベル65dB(12km/h時)
最大速度0.8km/hから12km/hまで調整できます。ワンタッチで3km/h、6km/h、9km/hに変更可能
プログラム数12種類。時間・カロリー・距離の3モードで目標設定。
最大連続使用時間約60分
走行面サイズ横40cm×縦110cm
折りたたみ機能あり
最大耐荷重約100kg
傾斜角度調整0.5度、2.1度、3度の3段階
追加機能心拍数測定、移動キャスター

RITFIT

最高速度が12km/hまでと控えめですが、このモデルは折りたたんだ状態でも6km/hで使用することができるコンパクト設計です。

また、私も実際に家で使っているのですが、この価格帯で驚くほどの静音性で、振動も少ないので、マンションなどの集合住宅での使用でもオススメです。

詳細なレビューはコチラの記事をご覧ください。

中価格帯

アルインコ(ALINCO) AFR1119A

実は筆者もこれを使っています。最大速度が16km/hで連続90分使用できるため、高速で本格的なランニングトレーニングができます。正直、文化系の筆者は10km/h以上出したことはありません。。。また、タブレットトレーが付いており、動画や音楽を楽しみながらトレーニングできます。

かなり重いですが、移動キャスターが付いており、移動も簡単です。AFR1119Aは、コスパの高いランニングマシンとして人気があり、組み立ては不要で、届いたらすぐに使えます。

AFR1119A 操作パネル
操作パネル
AFR1119A
展開した状態
AFR1119A
折り畳み状態
詳細
モデル名AFR1119A
騒音レベル68dB(12km/h時)
サイズ本体: W71×D143×H120cm
折りたたみ時サイズW71×D82×H127cm
ベルトサイズ400mm × 1,100mm
速度調節幅1.0-16.0km/h
傾斜角度3段階 (0°, 1°, 2°)
耐荷重100kg
連続使用時間90分
消費電力370W

DAIKOU(ダイコー) DK-5101CA

電動で10段階の角度が調節できるランニングマシンです。速度は1〜16km/hで調整でき、36種類のプログラムを搭載しています。心拍数測定や簡易体脂肪測定機能も付いており、目標設定やモチベーションの維持に役立ちます。

また、走行面が広く、安定性が高いため、足が落下する心配が少なく走りやすいです。さらに走行板の間に左右6か所のクッションが入っており、足腰への負担を軽減します。

  • 良いコメント
    • 電動で傾斜が変わるランニングマシンを探していてこちらを見つけました。安心感があり、お値段も予算内でした。到着後、設置には苦労しましたが、子供はトレーニング、私はウォーキングを楽しんでいます。
    • 造りはしっかりしており、問題なく使用しています。作動音もそれほど気にならないレベルです。この価格帯で自動での傾斜機構は素晴らしいです。
    • 実際に使ってみて、幅が思っていたより狭いかもしれませんが、しっかりしていて、軽くジョギングするには全く問題ないと感じました。自動で高さ調整もできます。
  • 悪いコメント​
    • 組み立てが大変でした。説明書も見ずらい部分があります。
    • 振動はやはり少しはありますが気にならない程度ですが、集合住宅では下の階に少し響くかもしれません。
    • 同一メーカーの別モデルを以前使用していましたが、このモデルではプログラムの一覧と実際の内容が異なります。
項目詳細
モデル名DK-5101CA
騒音レベル64dB(12km/h時)
本体サイズW70×L152×H135 cm
折りたたみ時サイズW70×L93.5×H135 cm
走行面サイズW42×L125 cm
体重制限100 kg
設定プログラム時間/距離/カロリー/心拍数
最高速度16 km/h
電動傾斜調整走行中も電動昇降可能で10段階の傾斜調整ができるインクラインシステム
ユーザープログラム設定3パターン

高価格帯

ジョンソンヘルステックジャパン ホライズン トレッドミルTR5.0

使いやすさと機能性を兼ね備えた家庭用ランニングマシンです。0~10%の範囲で調整可能な傾斜機能と0.8~16 km/hの速度調整が可能で、幅広いトレーニングニーズに対応。127 x 40.6 cmの広い走行面と18種類の内蔵プログラムで、快適なランニング体験を提供します。

また、@ZONEZWIFT RUNとの連携で、楽しく効果的なトレーニングが可能。安定したパフォーマンスの2.0 CHPドライブモーターと、折りたたみ機能による省スペース保管が魅力です。家庭での健康維持や体力向上に最適なトレッドミルで、1年間の安心保証付き。

  • 良いコメント
    • “冬のトレーニング用として購入。大きな買い物で迷ったが、音が静かで楽しいアイテムで、買ってよかったと思っています。”​​​
    • “YouTubeのメーカー組立動画を見て、組み立てが20分程度で簡単だった。操作が簡単で、携帯やタブレットも置ける。7,000円で5年保証が付くので安心感があります。”​
    • “メーカーサポートが安心。初めてのランニングマシン購入で、業務用での実績があるメーカー、アフターサービスの評判が良く、5年保証が付けられることが決め手でした。”​
    • “音も静かでとても使いやすいです。毎日30分ほど使用しています。”​
  • 悪いコメント​
    • “走行面に斜めの跡がある。仕様かどうかは不明ですが、気になる点です。”​
    • “一部製造不良が見受けられましたが、修理で対応して頂けるということで安心しました。ランニングベルトの張り調整も素人には判断が難しいです。”​
項目詳細
モデル名TR5.0
騒音レベル62dB(12km/h時)
傾斜0~10%(0.5%単位で調整可能)
速度0.8~16 km/h(0.1km/h単位で調整可能)
ドライブモーター2.0 CHP
ベルト厚み1.4 mm
走行面サイズ127 x 40.6 cm
プログラム数18種類(マニュアル、目標距離[1.6K、3.2K、5K、8K、10K、12.8K、15K、16K、20K、ハーフマラソン、24K、32K、マラソン]、目標時間、目標カロリー、脂肪燃焼、ヒルクライム)
対応アプリ@ZONE、ZWIFT RUN 対応
折りたたみ機能あり
移動用キャスターあり
LEDディスプレイ見やすいシンプルなデザイン
速度・傾斜ショートカットキーあり(素早い操作が可能)
保証1年間のメーカー保証

アルインコ(ALINCO) 1319

自宅で本格的なランニング体験を求める方に最適な製品です。このランニングマシンの魅力は、その高機能性と使いやすさにあります。歩行から本格的なランニングまで、あらゆるトレーニングニーズに対応します。

1.0~16.0km/hの広範囲な速度調節と、約1°~約5°の電動傾斜機能により、多様な運動プログラムを提供します。450mm×1,250mmの広々とした走行面は、安定した走り心地を保証し、膝や足への負担を軽減するクッションラバーを装備。12種類の内蔵プログラムで、トレーニングニーズに合わせた運動が可能です。

便利なタブレットトレーやUSB充電機能、折り畳み式の省スペース設計も特長で、日々の健康維持や体力向上を自宅で効果的にサポートします。

  • 良いコメント
    • “動きが滑らかで消音効果があり、安定している。重い分、搬入には3人が必要だが、購入してよかったと思う。中学生の子どもが一番利用している。”​
    • “高価だが、おじいちゃんがテレビを見ながらウォーキングをしたり、子どもがダイエットをしたりするのに使っている。”​
    • “バスケットボール少年団の息子のトレーニング用に購入。傾斜とクッション性があるため選んだ。”​
  • 悪いコメント
    悪いコメントは特に見つかりませんでした。
項目詳細
モデル名1319
騒音レベル67dB(12km/h時)
サイズ幅765mm × 奥行1,630mm × 高さ1,130mm
折りたたみ時サイズ幅765mm × 奥行1,630mm × 高さ410mm
重量59kg
速度調節幅1.0~16.0km/h
歩行面サイズ幅450mm × 奥行1,250mm
傾斜度約1°~約5°(電動5段階)
消費電力540W
最大体重制限100kg
連続使用時間90分
プログラム数12種類
特徴・タブレットトレー・ドリンクホルダー・USB充電機能・心拍数測定・音声ガイダンス機能

Reebok FR20

スタイリッシュなデザインと最先端のテクノロジーを備えた家庭用ランニングマシンです。このトレッドミルは、高いパフォーマンスを求めるランナーに最適な選択肢と言えます。

このマシンの最大の特徴は、2.25 HPのeco-Kinetic電動モーターによる力強いパワーです。静かでエネルギー効率の良いこのモーターは、最高18km/hの速度に対応し、どんなトレーニングにも対応可能です。さらに、15段階の傾斜調整機能により、トレーニングの強度を自在に変更でき、より効果的なワークアウトが可能です。

スタイリッシュなタッチレスポンスLEDディスプレイは、速度、時間、距離、カロリー、脈拍、心拍数などの重要なデータをリアルタイムで提供。さらに、Bluetooth対応のサラウンドサウンドスピーカーシステム、スマートデバイス用のメディアドックなど、使い勝手の良さも魅力です。

項目詳細
モデル名FR20
騒音レベル63dB(12km/h時)
サイズ長さ177cm × 幅69cm × 高さ145cm
重量72kg
最大ユーザー体重120kg
モーター2.25 HP eco-Kinetic 電動モーター
速度範囲1 – 18 kph (0.6 – 11.2 mph)
傾斜レベル15段階
走行ベルト技術Floatride+ クッション技術
走行面サイズ140 cm (L) x 46 cm (W)
プログラム24のプリセットプログラム + 3ユーザー定義プログラム
アプリ互換性ZwiftおよびKinomap互換
ディスプレイタッチレスポンスLEDディスプレイ
保証モーター10年、パーツおよび労働2年

ルームランナーでの効果的な運動方法

ルームランナーを使った運動は、適切な方法で行うことで、最大限の効果を得ることができます。

初心者向けの運動プラン

  • スタートアップウォーキングプログラム初心者には、時速4kmでの20分間ウォーキングから始めることをお勧めします。これにより、運動に慣れることができます。JOYFITで詳しいウォーミングアップ方法が紹介されています。
  • 段階的インターバルトレーニング:初心者でも安全に実施できるインターバルトレーニングとして、5分間のウォーキングに続いて2分間のジョギングを交互に行うプログラムが効果的です。これを30分間繰り返します。

健康維持のための日常的な使用

  • 定期的なエクササイズ:週に3~4日、各30分間のルームランナー使用は、体重管理や健康維持に効果的です。ルームランナー.comでは、日常的な運動の重要性について詳しく説明しています。
  • 多様な運動プログラムの活用:ルームランナーの様々なプログラムを利用することで、運動の効果を最大限に引き出すことが可能です。例えば、坂道シミュレーションやランダムモードなどを試してみましょう。

上級者のための高強度トレーニング

  • 高強度インターバルトレーニング(HIIT):時速10km以上での1分間のスプリントと、時速4kmでの1分間のウォーキングを交互に20分間行うプログラムです。これにより、心肺機能の向上と脂肪燃焼効果が得られます。
  • 長距離ランニングプログラム:時速8-9kmでの45分以上の持続的なランニングは、耐久力と心肺機能を高めるのに効果的です。Tipnessの記事では、長距離ランニングの効果について詳しく説明されています。

これらの運動方法を取り入れることで、ルームランナーを使った効果的なトレーニングを実現できます。機種選びの際には自分が行いたいトレーニングメニューを満たせるスペックか確認することが重要になります。

まとめ:総合的な家庭用ルームランナーガイド

家庭用ルームランナーを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。また、正しい使い方やメンテナンス方法も重要です。

ルームランナーの選び方

  • 目的に合ったモデルの選定:トレーニングの目的(ウォーキング、ジョギング、高強度トレーニングなど)に合ったモデルを選ぶことが重要です。例えば、ジョギングやランニング用途であれば、より高い耐久性と速度設定が可能なモデルが望ましいです。
  • サイズと設置スペース:使用場所のスペースに合わせて、適切なサイズのルームランナーを選ぶことが必要です。また、収納や移動のしやすさも考慮すると良いでしょう。

使用時の基本的な注意点

  • 安全性を考慮した使用:安全装置(緊急停止機能など)の理解と正しい使い方を確認し、安全にトレーニングを行うことが大切です。
  • トレーニングプログラムの活用:多くのルームランナーには、様々なトレーニングプログラムがプリセットされています。これらを活用することで、効果的な運動が可能になります。

メンテナンスと長期使用のためのコツ

  • 定期的な清掃とメンテナンス:ベルトやモーター部分の定期的な清掃とメンテナンスは、長期間の使用において重要です。特に、ベルトの適切な張り具合や、シリコンオイルによる潤滑が必要です。
  • メーカーのサポートと保証:購入時のメーカー保証やアフターサポートの内容を確認することも、長期使用においては重要なポイントです。

これらのガイドを参考にして、家庭用ルームランナーの選定から使用、メンテナンスまで、効果的に活用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次